読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ぐーたらりっちな毎日

手抜き好きな主婦の作るごはん、パン、かぞくのハナシ。



広告

浪費癖は贅沢病

ぐーたらこですどうも。


私は子供の頃からお金の使い方が上手ではなくそのまま大人になってしまいました。

お金を使うことが大好き。

とくに食べ物。


どこどこの牧場のソフトクリームが美味しいから食べに行こう

あそこのコロッケを買いに行こう

プリンはこのお店のじゃないと


美味しいと聞いたら、行ける距離なら行かないと気が済まないし美味しかったら何度も行く。


あとは、出先で買い食い(ってゆうのかな?)をするのが大好き。


なんにも気にせずに何気なくふらっと買っちゃえることがカッコイイ!


値段見ないで買い物かごにホイホイ欲しいもの入れてレジでお会計の金額みてびっくり~♪でも次、気を付ければいいかーと思いつつ気を付けない。
ってことがカッコイイと思っていました。


なんだろうこの思い込み。


そして、次気を付けよう次気を付けようで
お給料日から1週間たつと手元のお金がかなり減っている。
まだ日にちそんなにたってないのになんで??
って全然わかってない。



私の浪費癖は、変な思い込みの憧れから来てました。

人がやっているとこは私もやってみたい。


職場の独身の女の子がコンビニでお昼買って食べてるのを見ると私もやりたい。

まだ子供がいない若い主婦の女の子が自分の好きなアイスクリーム(ハーゲンダッツとか)お菓子やジュースを毎日買って食べてるって聞くと
私も自分の好きなもの我慢しないで買いたい。


そうやって、人の買い物事情を真似したくなるんです。


そんな中、とても魅力的な家計簿を発見しました。

Instagramで話題の、づんの家計簿。
これを見つけて細かく書く様子が私にはツボでツボで。
始めてみたら、ぐっと無駄遣いが減りました。

以前家計簿つける前は、夫に知られたくないなぁって出費がちらほら。
ソフトクリームしょっちゅう食べてて、パン屋さん行き過ぎで、ってゆう そうゆう知られたくない秘密ね。笑


でもづんの家計簿つけてみたら、見られたくない出費がなくなりました。
堂々と見せられます。

日々家計簿を見直すことによって、この買い物贅沢だなーって気付いて、無駄遣いが減りました。


削りすぎて、まったくお菓子がない我が家になってしまいましたが
それはそれでいいんじゃないかと。

うちはお菓子なんて買える余裕はありません!と。

スーパーで買い物すると、ついつい自分用にシュークリームとかプリンなんかを買っていたのが普通でしたが
今はそんな欲求もなくなりました。
家計簿つけて、数字を目で見て「あとこれくらいしか使えない」って理解するのは贅沢病を止める良い薬ですね。