読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ぐーたらりっちな毎日

手抜き好きな主婦の作るごはん、パン、かぞくのハナシ。



広告

美味しいまた作ってって言葉はみんなが幸せになる言葉

ぐーたらと今日は食べすぎました。

どうも、ぐーたらこです。


先日夫が、

「お母さん(姑)最近かりんとう作らないなぁ
作ってって今度言っておいてよ」


と話してたので、会ったときに伝えました。



そしたら数日して今日姑から電話があり

「作ったから取りにおいで~」って。


はや!


もう作ってくれました。

しかも粉1㎏分。

多!


最近作ってなかったけど、言われるまで全然頭になかったよー
食べたかったらまた言ってね


って。


お母さんってすごいなぁと思う。

私なら頼まれるとまず

「えーマジで?今?え、今なの?」

とめっちゃめんどくさそうにしてしまう。

自分から気が向いて作るのは好きだけど、頼まれるとひどく面倒になる。

あ、これは性格の問題?





お姑さんが作るご飯は美味しくて、変わらないメニューだけどいつも変わらない味で
私は嫁の立場なのに、小さい頃から食べて育ったような懐かしい気持ちになる。


お姑さんが作る浅漬けは、うちの子供たちも大好きで

「おばあちゃんの漬物美味しいからママ教わってきたら?聞きにくかったら僕が言ってあげるよ」

なんて言う。

私の作る浅漬けだって子供たちは美味しい美味しいって食べてるのにね。

おばあちゃんのは特別美味しいらしい。



そして、食べたいって思ったときに作ってもらえるのって嬉しいよね。
美味しさ倍増する気がする。


食べたいって言ってもらえると、嬉しい。


美味しいね!これまた作ってよ!

なんて言われたら、お姑さんは喜んでまた作ってくれる。

言った人も言われた人も幸せな気持ちになる。


お料理の力は偉大だなぁ。

と同時に

母の力も偉大だ。


私にはまだまだ先が長い道のり。

まず、作って~って言われたときに
嫌な顔しないで作ってあげよう。今度からは。