読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ぐーたらりっちな毎日

手抜き好きな主婦の作るごはん、パン、かぞくのハナシ。



広告

第1回 次男くん卵焼きに挑戦する

うちの次男くん、中学1年生♪

夏休み明けに家庭科で卵焼きを作る授業があるとかでおうちでの練習を始めました。

普段料理なんてぜーんぜんやらない次男。

段取りが悪くて色々口を出してしまう母です(。´Д⊂)


お料理は楽しい。って思ってもらえるようにしたいけどこんなにうるさい母だとイヤになるだろうな~




卵焼きは、

塩コショウだけの味付けはダメ。
冷めても美味しい。

とゆう指示が先生からあるらしい。


塩コショウがダメなら、砂糖だな。

でもうちはここに、みりんか牛乳を入れるけど
家庭科の授業でみりんとか牛乳は用意してあるかな?

使えなかったら味付けの練習の意味がないなぁ。

と言いつつ今回はめんつゆで味付け。


************

卵3個(卵1個の分量)
砂糖 小さじ3(小さじ1)
めんつゆ 小さじ1と1/2(小さじ1/2)
塩 ひとつまみ

************


卵焼きは手前から巻くのか
向こうから巻くのか
私がよくわかってない。

いつも行き当たりばったりで、あーじゃあこうしよっかなーとか適当。


だから教え方が曖昧になってしまう。


なんとか巻いて焼き上がった卵焼きを、まな板へ移して包丁で切り分ける。

焼きたてはやわらかくて、ふにゃふにゃして切りにくそうだったけど分厚く美味しそうな卵焼きです。

切り分けた卵焼きをお皿に移すとき、うまく卵焼きを拾えない次男…

フライパン返しで…無理。
包丁で…無理。


そこで、しびれを切らした次男は
あっつあつの焼きたて卵焼きを素手で掴んでお皿へ移動したのです。


「あっつ!!!!」


指先やけど…


ここでやけどするとは…


私もね、お箸とか渡してあげれば良かったのですが

どうするかなーって側にいながら黙って見てまして。

まんまとやけどさせてしまいました。

まぁ、火に当てた訳ではないのでそこまでひどくないですが

口を出すタイミングがチグハグだなといつも思います私。


最後は痛々しく終わりましたがなんとか卵焼き完成ですー


今回は、ぷりんぷりんとした弾むような弾力のある卵焼きでした。

きれいに巻けなかったのが逆に良かったのか
高さのある分厚い食べ応えのある卵焼き!

美味しかった~✨



料理後は、調理器具もしっかり洗ってもらって
お片付けもしてもらいました。


次回は、私が焼いてるところを見て観察してもらってまた後日挑戦してもらうことにしました。

一通りの流れとかね、ただ眺めてるのと
自分もやるんだ!って思って隣で見てるのとは違うからね。

見て覚えるのも大事ですね。


次回は私、もうちょっとちゃんと黙ってようと思います。